mukimi

足がパンパン、ブーツが履けない時は、マッサージと運動で解消

mukimi

パンパンの浮腫み足、それでもブーツが履きたい!

朝履いたブーツ、一度脱ぐと夕方足が浮腫んで履けない!

あなたは、そんな経験はありませんか?

実は、世の中の女性、殆どの方が経験しているようですよ。

一日会社でパソコンとにらめっこ、気がつけば何時間座っているかわからないぐらいの時間が経っています。

もう私の足は、限界を超えてパンパン!

おまけに重く感じる・・・

今ではサロンオーナーの私も、会社員だった頃、履いてきたブーツを履くのに一苦労したことが多々ありました。

サッと格好良く履きたい!

心の中で祈っても、こんな浮腫んだ足じゃどうしようもない。

でも、女性なんだから、やっぱりブーツは履きたいものです。

ファスナーさえ閉まれば・・・絶対ブーツを履きたい!可愛い女心わかって欲しいですね。

ブーツが履けない時は、マッサージに行こう!

足が浮腫んじゃって、どうしよう・・・

パンパンの足を無理やりパンプスに突っ込んでも痛いだけ。

おまけに、大切なブーツが可愛そうな形に変形してしまいます。

だから、一人で悩んでいても仕方がない!

重力には逆らえないもの。

余分な水分や老廃物などは下に溜まってくるため、マッサージで流してあげましょう。

リンパの詰まりを解消

足圧でほぐすフーレセラピーなら痛みが伴いません。

下半身の後ろをほぐします

あんなに張ってパンパンだったふくらはぎが、見事に柔らかくなります。

これには皆さん、驚きを隠せません。

お客様のいつもの感想は・・・

「ビックリするほど、ふくらはぎがプルプルです。」
「ブーツがスポスポ抜けるくらい、足が細くなりました。」
「このブーツ気に入ってたんです、履けて良かったです。」

いつもこんな感想を頂いています。

これからのシーズン、格好良くブーツを履きこなしたいですね。

癒されサロンMiyabi、あなたのお越しをお待ちしております。

初回お試しはこちらから

どうしても時間が無い方は、せめてゆっくりお風呂に入ったり、自分でマッサージしてくださいね。

 

 

関連記事

  1. 凝り固まった背中をほぐします
  2. 足裏の施術なのに痛くない、胃腸の不調・冷え性には足裏刺激!
  3. 足の付け根
  4. 膝下の外側の疲れ
PAGE TOP